グラブルのお空。

楽しいグラブル生活をあなたに。

*

土有利古戦場に向けての土マグナ編成について。

   

 

土有利古戦場が迫ってきているので

ここいらで土マグナについてしっかり突き詰めたいと思います!!

 

以前の土マグナを記事にした時よりユグ剣の数が減っている

らしいので、

しっかりと環境に合わせていきたい。

 

 

 

私が考えうる理想土マグナ編成はこれだ!!

 

 

 

以前紹介した土マグナ編成より

11万ほど有利が違いますね!!

 

白虎拳と4凸ユグ剣を入れ替えるとさらに有利が上がりますが、

技巧のクリティカルを考えるとこれで良い気がします。

 

ちょうどウォフマナフ撃滅戦復刻と四象が今月来るので

土をしっかり育てたい人はかなりチャンスで忙しい月になるのは

間違いないです。

 

ここから楽をするなら

ウォフマナフ撃滅戦はかなり難しいというより連戦が苦痛となる

嫌がらせの塊のような相手なので、

正直あれにかなりの労力を使うのは目に見えているので、

4凸ウォフ琴2本を

4凸マルメターノ斧に1つ交換したら

有利が2万程度しか変わらなかったので、汁温存を狙うなら

ウォフ琴1本で十分かも知れません・・・

ましてや神石のティターンを持っているならなおさらマグナを頑張る

必要はないですね。

これ以上運営はマグナ編成を強化することは無いでしょう。

 

 

 

ユグ弓と背水について

これは絶対に見て欲しい。

マグナ編成でユグ弓を入れてもはっきり言ってそこまで

背水の恩恵を受けません(驚愕)

 

自分が何度も試したのですが、正直アイルサラーサをマグナで

使っても背水でいこうという気持ちにはなれなかった。

ダメージもそんなに違いが出なかった・・・

別ブログ様もダメージ計算を出していて、

ユグ弓の背水はグラフを見てもあまりお勧めできる装備では

ないみたいです。

 

暴論ですが

アイル・サラーサの背水を期待するなら

ティターン編成で背水を組んでください!!

凄い火力が出ますよ!というか普通に減衰越えますwww

ティターンが弱かったのは今や昔、

ここ最近のマッチョたちは日々自身の肉体(編成)をさらして

生きがいとしている・・・

 

 

じゃマグナに誰を入れればいいのだという話。

素直にジークンマン入れましょう。

開放オクトー入れましょう。

攻刃枠バフのマキラを入れましょう。

調整で即効性が良いカリオストロを入れましょう。

普通に解放前オクトーでも良いぞ!!

ロマン調整された通常版ユーステスも良いぞ!!

 

こんな感じ。

あとやることはテスカフレを減らして

ゴッドガードブローディアフレンズをたくさん集めること。

テスカはホント土の未来を奪うよあの拘束は。

 

 

ティターン持ってないなら

是非最終上限開放オクトーを狙ってみて欲しい。

世界が変わります(宣伝)

 - グランブルーファンタジー, 土パ

Comment

  1. 匿名 より:

    サラユグ弓背水が最強だった時代もありました…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

マルチバトルの消費AP、BPの調整で何が変わるのか。

  9月6日のアップデートにて、 マルチバトルの消費APとBPが緩和さ …

無料100連で140石やサプ不可石を出そうの会。

  無料ルーレットガチャ最終日には 100連という天井機能がついており …

クリスマスラカムの使い方は、スラ爆か神風要員。

  デイリー無料ガチャで SRのクリスマスラカムが当たりました。 クリ …

40箱チャレンジをやってみたが・・・出来ませんでした。(小声)

  私にとって一番得意ジャンルの土有利古戦場だったが、 周りも土強すぎ …

古戦場ブックメーカーの狙い目は2択!!

  ネットで凄まじい程の大穴を当てて、 大量の宝晶石を貰ってる人を見か …

1500万人突破キャンペーンキター!!これでヘイロー回れる(白目)

  やっと1500万キャンペーンが来ましたね!! 今回はログインボーナ …

脱法ヒヒイロカネちゃれんじ^^ 第2話

  こんばんわ^^ ぶっちゃけ毎日なんて出来るわけ無いので とりあえず …

脱法ヒヒイロカネちゃれんじ^^ 第3話

  こんにちは^^ 今日は朝から時間が取れるのでしっかり自発して行こう …

風属性で1550万を超えるダメージを出そう!!の会(ミリン無し)その2

  どうもです^^ 前回書いた 風属性で1550万を超えるダメージを出 …

水有利古戦場に向けて水マグナ編成を強化しよう!!

  風有利古戦場お疲れさまでした!! 次の古戦場はお休みで、 その次の …